ウマ娘の素晴らしさを語りつつ鹿児島と競馬のつながりを語りたいと思うので聞いてほしい。




どうも、僕です◯┐


みなさんはウマ娘プリティダービーってご存知でしょうか。
今一部界隈でめっちゃ流行ってるやつです。
僕も激ハマりし、見事うま・・・もとい沼に堕ちてしまったのでこのブログでもご紹介しようとおもいます。

ウマ娘は競走馬のような宿命を追った女の子たちが活躍するパラレルワールドの物語。
登場人物のほとんどが実在した名馬の名前が使われています。
この物語はアニメやゲームアプリ、コミックなどで楽しめるクロスメディアコンテンツとして展開しています。

どれもこれも最高です。
ということでそれぞれのプラットフォームごとの素晴らしさや知識を深めていく楽しさをお伝えしていきます。

目次

ウマ娘プリティダービーのアプリが素晴らしい

まずはアプリ。
iPhone、Androidで遊べます。

ウマ娘 プリティーダービー
ウマ娘 プリティーダービー
開発元:Cygames, Inc.
無料
posted withアプリーチ

オープニングも素晴らしくて時折全部見てしまいます。

ウマ娘は色々なレースに出走して勝負するわけですが、レースに勝つとライブで歌を歌います。
着順によってポジションが違うため、一つの曲でもかなり多くのパターンを楽しむことができます。

キャラによっては後ろのビジョンに表示される画像が違うなどの隠し要素も。
アニメまで見てると「これはアツいな」と心が沸き立ちます。

ライブシアターモードでは好きなポジションや衣装でライブを見ることができます。
これを触り始めたら1時間2時間は簡単に溶けていきます。
ユメヲカケルという楽曲では途中で衣装チェンジができるなんていう演出も。

ちなみにユメヲカケルという曲は、アニメ第二期のOPなのですが主人公のトウカイテイオーの写真集「夢をかける トウカイテイオー」という写真集のタイトルが元ネタになっていると言われています。
芸が細かい・・・

ライブシアターモードではバックダンサーもモブではなく、好きなキャラクターを並べたり衣装を設定することができます。
衣装はキャラを育てる(上限解放)ことで増えるので、課金せねばと使命感に燃えますがグッとこらえます。

アプリの中でストーリーを見ることができます。
PCゲームのような見栄えですが、これがまた面白い。
熱くなる、泣けてくるメインストーリー、各ウマ娘のストーリーが揃っています。
ストーリーは閲覧すると、ガチャなどを引ける石ジュエルがもらえます。
僕レベルになると「素晴らしいストーリーを見せてくれて石までくれるなんて、なんていいアプリなのか」と思ったりします。

僕が持っているウマ娘たちをご紹介していきます。
主だったところでは
新旧トウカイテイオー
メジロマックイーン
タイキシャトル
サイレンススズカ
ビワハヤヒデ
などなど。
スペシャルウィーク、シンボリルドルフ、オグリキャップ、マルゼンスキー、ライスシャワーなんかも欲しいなぁ、育てたいなぁと思いつつ石が配布されるのを待ちわびている日々です。
ワンチャン課金も辞さない構えなのですが、一度課金をすると本当に沼にハマってしまうのでぐっとこらえています。

この他にもウマ娘の育成に役立つサポートカードがあります。
ウマ娘は「キャラガチャ」「サポカガチャ」の2種類のガチャがあり、石をどっちにつぎ込むかマジで悩みます。
キャラも欲しいし、いまいるキャラもちゃんと育てたい。
無課金ウマ娘トレーナーはこの悩みを抱えて生きていると言えます。

育成もかなり奥が深く、サポカやスキル、ステータスとにらめっこしながら早いウマ娘を育てていきます。
育成モードを遊ぶスタミナを切らさないように日常生活のタイムスケジュールを組んで行かねばならないのです。

アニメが素晴らしい

アニメはスペシャルウィークが主人公のseason1(第一期)とseason2(第二期)があります。
アニメは現在アマゾンプライムで見ることができます。

第二期はアマプラでも驚異の☆5。
2021年冬アニメ最高という評価もされている名作となっておるのです。
まずは第一期を見てほしいのですが、どうしてもという人はまずは二期から見てもいいです。
面白いのでぜひ見てほしいです。

ブルーレイ化もされていて、第二期はこれから発売されるのですが、ゲームで遊べるアイテムがついていて大変コスパが良いと予約ランキングでかなり上位にいます。
アイテムが良いということもあるのですが、資料集などのオマケも充実していて、なにより描き下ろしのピクチャーボックスが良いですね。
全4巻なのですが、素晴らしい組み合わせ衣装、どれもこれも欲しい。
部屋に並べたくなる品となっています。

内容は見てほしいのでネタバレはありませんが、僕は第二期のオープニングを見るだけで目頭を熱くすることができるくらい見ました。

萌系なアニメが得意じゃない方もいらっしゃると思うのですが、僕のような昭和なノリでスポ根好きなおじさんたちにはマジでグッとくる内容になっています。

この記事を書いているだけでまたアニメを見たくなります。
ああ・・・みんな見てくれ・・・

コミックが素晴らしい

アニメ版と似た内容のコミックと、スピンオフのオグリキャップが主人公のシンデレラグレイというやつがあります。
地方競馬からトウィンクルシリーズ(中央競馬的な位置づけ)に挑戦していく姿、それを応援する仲間たちの様子がグッときます。

SARTING GATEはアニメ第一期のような流れですが、アニメにはないところもありこちらはこちらで楽しめます。

ああ・・・みんなコミックも読んでくれ・・・

競馬の歴史を知るともっと楽しい

ウマ娘は実在の馬名を使ったり、ストーリーも実際にあった出来事をモチーフにしているものが各所に見られ、作ってる人の大変なこだわりとリスペクトを感じる作品です。
「ウマ娘 元ネタ」で検索するとかなり色々出てきます。

実際の歴史への理解を深めるのもかなり楽しい。
物語には描かれなかった悲劇もあり、胸に来るものがあります。
故障や運命のいたずらなどで果たせなかった悲願がアニメの中で実現しているという場面もあり、賛否も巻き起こったりしています。

ウマ娘というファンタジーの世界と、実際にあった競馬の話を行き来してみるのもかなりオススメです。
競馬好きのおじさんにウマ娘のキャラ名や出来事などを話してみると「ほほう、よく知っているな、実はそれはな」というコミュニケーションもウマれてきそうです。

ウマ娘で鹿児島に縁のありそうな話

トウカイテイオー

数々のG1レースを制しながらも怪我に泣き、1年ぶりの復帰となった有馬記念で優勝するなどの伝説を残し「軌跡の名馬」と呼ばれるトウカイテイオー。
トウカイテイオーは鹿児島県大崎町の山下牧場さんで休養したというエピソードが残っています。


テイオー見て育つ 鹿児島山下牧場/馬産地九州巡り(日刊スポーツ)

https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1531497&year=2015&month=09&day=01

ウォッカ

国内のみならず海外の重賞も制した名馬。牝馬ながら2007年の日本ダービーを制して「最強の牝馬」とも呼ばれている競走馬です。ダービー制覇の時に騎乗していたのが鹿児島県霧島市牧園町出身の四位洋文元騎手。
牧園町には乗馬体験ができる施設もあります。

【競馬】四位洋文のウオッカへの追悼コラムが泣けると話題
https://keiba.stadium.jp/horse/vodka/post-2704/

テイエムオペラオー

馬主さんが鹿屋出身の竹園正継さん。
鹿児島にある(あった?)テイエム牧場ではテイエムオペラオーの子供が誕生していたようです。
垂水のテイエム牧場温泉は営業中。

引退馬が暮らす牧場

ウマ娘に登場しているキャラのモチーフになった馬はすべて引退して現在は引退馬として暮らしている馬もいます。有名な競走馬だけでなく、あまり知られていない競走馬もたくさん暮らしています。
そういった引退馬がいい環境で暮らせるようにと寄付を集めているそうです。
ウマ娘がきっかけで引退馬への寄付がめっちゃ増えたという話もあり、ここも僕がウマ娘いいなとおもった要因でもあります。

鹿児島にも引退馬が暮らす牧場があります。ぜひ足を運んでみたいものです。
NPO法人ホーストラスト
http://www.horse-trust.jp/

と言った具合に、ウマ娘は面白いコンテンツだけでなく競馬の歴史に触れたり、まさに今リアルで触れられるものもたくさんあります。

まずは・・・まずはアプリで遊ぶかアニメを見てくれ!
マジで面白いから!

そいじゃあまた!

スポンサードリンク




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる