僕らは天文館喜鶴寿司の「揚げいなりずし」が変えた世界線を生きている

どうも、僕です◯┓

 

鹿児島市の天文館ぴらもーるにある喜鶴寿司さん。

コロナのアレでテイクアウトを始めていらっしゃいます。

美味しそうなお寿司や海鮮丼などが並ぶ中に気になったのがこれ。

揚げいなりずし。

「食べてびっくり!いなりずしが飛びました」

・・・飛んだ・・・!

と、プロペラ自転車を飛ばしたトンボ(魔女の宅急便)のような声を上げると同時に

「飛ぶぞ」と長州力の声が聞こえてきました。

 

そして「食べてびっくり!いなりの世界を変えました」と。

喜鶴寿司さんの揚げいなりすしはすでに世界を変えていた・・・

ウィズコロナとかアフターコロナみたいな言葉がありますが、

我々はウィズ揚げいなり、アフター揚げいなりの時代を生きているわけであります。

5個で380円とリーズナブル。

なかなかオイリーな茶色をしています。

ガリが配置されているところ、お寿司屋さんのメニューであることはしっかり伝わりますがビジュアルは揚げ餃子のような感じ。

しっとり揚がっています。

今回は少し時間がたってしっとりなっていたのですが、揚げたても興味あります。

ハシで押すと油が染み出てきそうな勢いであります。

油の染み込んだ油揚げとご飯がガッチリ合います。

飛んでいます。

トンビにさらわれないように気をつけねばいけない程度には油揚げな感じです。

揚げいなりずしが世界を変えたのか否か。

ぜひ君の舌で確かめてほしい!

 

そいじゃあまた!

 

【喜鶴寿司 本店】

場所:鹿児島県鹿児島市東千石町3−30

http://kikakusushi.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事