【オープン】高級食パン激戦区に「銀座に志かわ」が参戦!内覧会に行ってきたよ。

どうも、僕です◯┓

 

先月くらいから「なんか新しいのできそうだな」と気になっていた鹿児島市高見馬場のワシントンホテル1F。

「銀座に志かわ」という高級食パン屋さんができるそう・・・というところまでアレしていました。

オープンしたらファミチキでも挟んでみようと思っていたとある日。

「実は今度会社でパン屋出すんすよ、内覧会来ないですか?」

来た!!!持つべきものは友達!!!

 

ということで行ってきました内覧会。

前日はメディア向けの内覧会で、思わず「なんで昨日呼んでくれなかったんですかwwww」と聞いたところ

「今日が絶対いいよ・・・ふふふ・・・」と不敵な笑みを浮かべて、お店の裏のスペースに通してもらいました。

ちなみにカウンターはこんな感じ。

重厚な出で立ち、高級食パン屋さん。って出で立ちでした。

食パンをもしたモック。

こういうのどうやって作るんだろう・・・

イベントスペースでは何かしら美味そうなやつがわんさか。

高級食パンを使って作られた料理が並んでおりました。

食パンを使った料理を作っていたのは同じグループのホテルレクストンのシェフさん。

「これは間違いないな」と期待が高まります。

まずは食パンをそのまま割ってもらいました。

ひゃー!!!うんまそう!!!!

そして、シェフ謹製の料理をば・・・

寿司!?

流石にパンを寿司なんてねぇ・・・冗談はよしこさん・・・

「ウマいじゃないか」

魚に味がしっかりついていて、パンの甘さが追ってくる。追いかけてくるのです。

アリです。

お飲み物を・・・

スパークリング!!!!(白)!!!!

昼からこんなおもてなしを受けるとは・・・最高です。

スパークリングとパン寿司。

最高です。

他にも美味そうなものが色々。

白桃とじゃがいものポタージュ。

めちゃくちゃ美味かったです。

高級パンの試食会じゃなかったのかな。

と思ったのですが、スープ用のクルトンもあってパンも楽しみました。

当日のメニュー。

食パン寿司は「スムッシー」というらしいです、勉強になります。

パンプディング。

パン生地にプリン的なものが染み込んでいる的なアレでした。

めっちゃウマい。

色々美味しいんですが、やはり気になるのは食パンを直で食べたらウマいのか。

フレーバーに「若鶏のレバーペースト」が出てきました。

レバーペースト。

レバーをペーストにしたものですよねわかります。

生まれて始めて見ました。

はー!超うまいwwwwwなんだこれはwwwww

もう塗れるだけ塗って思い切り食べます。

表面をこんがり焼いてその上にレバーペースト。

ウマすぎる。

レバーペースト、ウマすぎて瓶ごと借りてきました。

気を抜いたら瓶ごと持って帰りかねなかったのですが、そこまではできませんでした。

これ、販売しないかな・・・超うまいやつでした。

僕の頭の中で「天才シェフ」というワードがグルングルンと回っていました。

このイベントスペースもレンタルできるようになるそう。

パーティやりたいパーティ。

銀座に志かわさん、2020年6月24日にオープンします。

予約受付中です。

鹿児島市内は高級食パン激戦区となってきましたが、

こちらもかなり美味しかったので高級食パンファンの皆さんは一度試していただきたいですね。

 

そのままでも十分美味しい高級食パンですが、

腕に覚えがある人は料理に使ってもいい感じですよ!

 

そいじゃあまた!

【銀座に志かわ 鹿児島高見馬場店】※2020年6月24日オープン

場所:鹿児島市山之口町12−1 鹿児島ワシントンホテルプラザ1F

ホームページ:https://ginza-nishikawa.co.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事