どうも、僕です◯┐

 

枕崎市にやってきました。

漁船と海が枕崎って感じです。

枕崎枕崎いうとりますけど、「枕崎」という名前、その由来は諸説あるそうです。

 

①昔、枕崎浦内に近瀬という瀬があり、ここに枕箱に入った小さな御神体が漂着したので、そ れを神社に祀り、以後この辺りを「枕崎」と呼ぶようになった。

②昔、恵比寿様の御神体が箱枕の引き出しに入って、近瀬という瀬に流れ着いたので、その辺りを「枕崎」というようになった。

③沖合を通る船から見ると、地形が枕に似ているから、「枕崎」になった。

引用:http://www12.synapse.ne.jp/makurazakis/rekisi/makurazakisinorekisi/makurazakirekisi1.pdf

といった感じだそう。

DSC03769

今回は、枕崎港の近くにある

枕崎お魚センター

という施設の紹介をしようと思ったのですが、まさかの外観を取り忘れましたので、お魚センターのホームページの紹介をしつつ画像を転載します。

Main image 5

枕崎お魚センターホームページから転載(http://makurazaki-osakana.com/)

お魚センターということで、アクアリウムもありました。

DSC03770

ガチャガチャもちょっと海感あります。

リアル金魚。

DSC03771

1階部分には枕崎や鹿児島のお土産がたくさん。

2階はレストランなのですが、また回を改めてご紹介していきます。

DSC03772

さすが鰹節で知られる枕崎とううことで、鰹節削り器があります。

値段も形もあれこれありました。

DSC03773

つけあげ(さつまあげ)コーナー。

タイミングによっては揚げたてが食べられそうです。

DSC03774

地元の野菜も売ってました。

物産館系のお店、普通に地元の人が食材買いにきたりもしますね。

DSC03777

かつおみそまんじゅう。

ウマそう。

あ、今回はほとんどたべていないので、「うめぇwww」みたいなのはないです、スミマセン。

DSC03778

かつおめんべい。

めんべいはたしか福岡名物では、こんなところにもあるとは。

あ、これは食べた!うまかったです!

DSC03780

篤姫キーホルダー。

DSC03781

クレヨンしんちゃん×かごしまキーホルダー。

ちょっとほしい。

DSC03782

ドラゴンボール×鹿児島キーホルダー。

ドラゴンボールもご当地物があるとは!

ステーキみたいなやつは黒豚だそうです。

DSC03783

西郷どんグッズも充実しております。

DSC03784

枕崎駅のテーマソングのCDも。

そういや、駅でかかってたな。

DSC03786

鰹なまり節3本セット。

このセット、枕崎市各地で見られます。

人気のやつなのかもです。

DSC03788

そして、腹皮・・・!

カツオの腹皮であります。

マグロで言うトロ的部分で、焼酎と大変合います。

DSC03789

なかなか手頃な価格。

これを焼いて、枕崎の焼酎白波でいただくと最高なのです。

DSC03793

鮮魚も売ってました。

カツオ・・・ですよね。美味そうです。

DSC03795

お店の奥では、おばちゃんが魚をさばいていました。

かわはぎ。昔から魚屋さんとかしてたらしいので、かなり慣れた手付きでした。

DSC03800

さばかれた魚が販売されてます。

醤油があればな・・・

DSC03796

・・・あります!

枕崎の醤油「太陽」があります!

鹿児島の醤油のなかでもかなり甘い種類になります。

枕崎を中心に「しょうゆとマヨネーズ」でなんでも食べる習慣があるようです。

さしみ、てんぷら、なんでも行く人がおるようです。

確かになんでも合いそう。

DSC03799

枕崎っぽいものがたくさんあるお魚センター。

枕崎ビギナーはまずここへ行ってみてほしいです。

そいじゃあまた!

 

【枕崎お魚センター】

場所:鹿児島県枕崎市松之尾町33-1

ホームページはこちら

 

取材協力:枕崎市地域おこし協力隊 篠塚立夏さん

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事