スポンサードリンク

ニュース 地域 場所・風景 観光・見る・遊ぶ 話題・ニュース 開店・閉店 鹿児島・日置

【開店】AlpenOutdoorsフレスポジャングルパーク店でウォークインやサツマニアンヘスにキャンプインするコツを聞いてみた

投稿日:

どうも、僕です◯┐

 

2019年3月20日に、鹿児島市与次郎のフレスポジャングルパークにあるSPORTS DEPOの中に

Alpen Outdoors フレスポジャングルパーク店

っていうのができるそうだということで行ってきました。

お店の名前の通り、アウトドアグッズが売ってるお店です。

 

僕はこのお店に行かねばならない理由があります。

それは「5月初旬くらいまでにテントを揃えなくてはならない」から。

僕にはテントが必要なのです。

5月19、20日に開催されるWALK INN FES!!

10月5、6日に開催されるTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL

今年から両方ともキャンプインが可能になるのです。

桜島のフェスで!キャンプインですよ!

これはするしかないでしょ!

僕にはテントがどうしても必要なのです!!ということで行ってきました。

写真に写っているのは、この日別な取材でご一緒してた劇団鳴かず飛ばずのよねちゃんといちき串木野市のたけどん。

物憂げな表情がアー写みたいですね。

DSC02255

お店の入口はこんな感じ。

DSC02252

こちらのお店は「Living(リビング)」「Dining(ダイニング)」「Sleeping(スリーピング)」と時間軸に合わせた3つのシーンごとに商品を陳列しています。

まずはリビング。テーブルとか椅子とかあります。

DSC02241

椅子も色々あるんですねー。リクライニング具合とか、座り心地とか種類が豊富です。

実際に座って確かめられるので、お気に入りの一脚を見つけてみてください。

椅子は一個二個じゃなくて一脚二脚(きゃく)と数えますからね(豆知識)

DSC02242

テーブルもいろいろ。

DSC02245

こちらはダイニングのコーナー。

DSC02237

最近はアウトドアのお店で買った食器や調理器具を普段遣いしつつ、キャンプにも持っていくみたいな方も増えているそうです。

機能性が高いものが多く、普段から使っていればキャンプ場でも普段と同じ感じで使えていいですね。

DSC02238

デザインがオシャレなものも多いので、家においてもいい感じです。

DSC02239

そしてスリーピングのコーナー。

DSC02234

シュラフも充実してますね。

自分は新社会人になってベッドや布団を買うのがめんどくさくて、

寝袋じゃなくてシュラフというと玄人っぽく聞こえるのでぜひ試してみてください。

リピートアフタミー、シュラフ。

DSC02235

このほかアパレルも色々会ってTHE NORTH FACEなど人気のブランドを扱っています。

DSC02246

2018−19シーズンはめっちゃ流行りましたね。

鹿児島でもノースだらけでした。

DSC02247

子供向けのかわいいやつもあります。

こういうのにお菓子やらを詰めてあげてキャンプ行くぞ!

となると子供的には超絶テンションあがるはずです。

DSC02248

そして、アウトドア超人気ブランド「snow peak」「Coleman」の特設コーナーもあります。

DSC02233

Colemanはキャンプあまり行かない人でも知ってることが多いハズです。

カッコいいのが揃ってます。

DSC02227

さて本題です、この中からフェスに持っていくものを選ぶのは大変ですね。

ということで、店長さんにフェスにおけるキャンプグッズの選び方のコツ、注意を聞いてみました。

キャンプサイトの大きさに注意!

キャンプサイトは「4m×4m」みたいな感じで指定されていることもあります。

あまり大きいものを持っていくとサイトに入り切らないこともあるので注意です。

DSC02210

テントを支えるロープも含めてサイトに入るものを選びましょう。

こちらのお店ではフェス対応できそうなサイズのテントも充実していました。

DSC02218

持ち運びしやすいものを!

家から会場までテントを持っていかねばなりません。

梱包が大きいものや重いものはなかなか大変なので気をつけましょう。

基本的に持ち運びをする前提でテントは作られているはずですが、

誰がどのくらいの距離を持って移動するのか想像力を働かせてみましょう。

DSC02214

こちらはColemanの2人用テント(写真は店長さん)。

取っ手もあって持ち運びやすそうですね。

設営も手軽っぽそうです。

DSC02215

ちなみにこちらのテントはColeman独自の日光を遮る技術が使われているそう。

会場は日中気温が上がることが多いので、こういう機能性をチェックするのもいいかもですね。

ルールに沿ったアイテム選び

気合い入れてこれを買って持っていこう!となることも多いかもですが、

「本当にこれを持ち込んでいいのか」

という気遣いも大事。特に火気については使用が制限されるものもあるので注意です。

DSC02249

デカいバーベキューコンロで肉焼くぞ!と思っても、持ち込めなかったら残念ですもんね。

ということで、ウォークインフェスやサツマニアンヘスでキャンプするためのテント選びのコツを探ってみました。

Alpen Outdoors フレスポジャングルパーク店さんでは実際に広げてあるものも多く実際にテントに入ったりしながら200ブランド3万店以上のアイテムを吟味できます。

フェスのルールに気をつけながら、楽しくキャンプしたいですね!

そいじゃあまた!

 

【Alpen Outdoors フレスポジャングルパーク店】

場所:鹿児島県鹿児島市与次郎一丁目11−1 フレスポジャングパーク内

公式サイトはこちら(アルペングループ)

取材協力:Alpen Outdoors フレスポジャングルパーク店

おすすめトピック

■□KagoshimaniaXオススメ!鹿児島のお取り寄せグルメ□■

人気記事

-ニュース, 地域, 場所・風景, 観光・見る・遊ぶ, 話題・ニュース, 開店・閉店, 鹿児島・日置
-

Copyright© KagoshimaniaX , 2019 All Rights Reserved.