スポンサードリンク

Home 動画付き記事 北薩 地域 観光・見る・遊ぶ

【姫と家来。】伝統芸能とロックの融合!ヤバTの五つ太鼓ver.がガチパリピだった

投稿日:2019年3月21日 更新日:

ちゃんねこです。

全国で桜の開花のニュースが見られるようになりましたね。

さて、春の訪れはもうすぐそこかしらと思ったある日、Twitterでこんなツイートを発見しました。

今、巷で話題のバンド、ヤバイTシャツ屋さん(通称ヤバT)の「あつまれ!パーティーピーポー」を五つ太鼓で演奏している!!

なんだこれめっちゃかっこいい!

なになに?さつま町出身のバンド、姫と家来。のギターのわかゆうさんが演奏している・・・!?

ということでいろいろ調べてみました。

 

姫と家来。とは?

2015年12月23日結成。自称さつま町代表出オチ系バンド。メンバーは

えりんさん(Dr&Vo./姫/スイカさんの姉)

わかゆうさん(Gt./Cho./家来)

スイカさん(Ba./えりんさんのガチ弟)の3人。

2014年から鹿児島で開催しているWALK INN FES!にも2年連続出場(2017年・2018年)、今年も出場が決定しています。

【超速報】WALK INN FES! 2019アーティスト発表!eastern youthキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

恋とポテチ/姫と家来。

 

五つ太鼓と言えば、鹿児島県出身の皆さんは、お祭りやステージイベントで見かけることが多い楽器ですよね。しかし、鹿児島県外出身の皆さんは、「なんだこれは!?」と疑問を持ったのではと思います。

五つ太鼓とは?

五つ太鼓は、鹿児島県宮之城発祥の100年の歴史ある和太鼓です。 大小五つの太鼓を使い分け、様々な曲に合わせて演奏します。 早打ちが特徴で、見る方も叩く方も飽きさせず、歌舞伎の動きも取り入れた動きも見どころです。

文章・および写真は鹿児島五つ太鼓ー横須賀和太鼓教室ホームページより引用

いわば鹿児島県のさつま町発祥の、和製ドラムのような楽器です。小牟田流、夜星川流などの流派があります。

鹿児島独自で生まれた剣術の示現流と同じく、鹿児島ならではの習い事として取り組んでいる人もいるほど、鹿児島ではポピュラーな楽器です。私も小学校の頃やりたかった・・・。

 

 

というわけで、いろいろ気になったので、

わかゆうさん(姫と家来。)にインタビューしてみました。

―どうしてヤバTの「あつまれ!パーティーピーポー」をやってみようと思ったのですか?

「以前、自分たちの楽曲「きばランナー」を五つ太鼓で叩いてみた動画をアップしたところ、予想以上に反響がありました。そこで、メジャーで活躍しているバンドの曲でこれをやってみたら1000いいねを超えるぐらいのプチバズりがありそうだなという曲を選曲したら、ヤバTの「あつまれ!パーティーピーポー」をやってみようということになり、叩いてみた動画をアップしました」

 

―五つ太鼓の経験は何年ぐらいですか?

「小学4年から中学3年までの5年ほどやっていました。それと、中学3年の頃にゲームの太鼓の達人にもハマったので、叩いてみた動画では、五つ太鼓の演奏法にプラスして太鼓の達人の合わせ技も使っています」

 

なるほど、ところどころのリムショット(太鼓の縁を叩く動作)が、なんとなく太鼓の達人っぽかったのはそういうことだったんだ!

 

姫と家来。のバンド活動と、ロックと伝統芸能の合わせ技にこれから注目していきたいですね!

ではでは~!

 

参照元:姫と家来。公式ホームページ

 

おすすめトピック

■□KagoshimaniaXオススメ!鹿児島のお取り寄せグルメ□■

人気記事

-Home, , 動画付き記事, 北薩, 地域, 観光・見る・遊ぶ
-

Translate »

Copyright© KagoshimaniaX , 2019 All Rights Reserved.