スポンサードリンク

Home ニュース 北薩 地域 場所・風景 温泉 観光・見る・遊ぶ 話題・ニュース

【鹿児島】市比野温泉に手作りで露天風呂作ってるらしいので手伝ってきた【薩摩の奇跡】

投稿日:2019年1月3日 更新日:

どうも、僕です○┐

 

2018年の暮れが見えようとしていたころ、僕は薩摩川内市樋脇町、市比野温泉にいました。

DSC01687

樋脇のシンボルだという丸山。

山頂には弁天様が祀られているそう。

「行ってみたいなぁ」と思ったのですが、「さすがにあそこまでは」という大人の自分に止められました。

いつか登ってみたいと思いますが、残りの人生で「やったるぞ」というモチベションが降ってくるかは不透明です。

そして空気がウマい。

田舎育ちなもんで30くらいまで空気がウマいとか考えなかったんですよね。

当たり前に身の回りにいいものがあると、それの良さに気づかないものです。

 

さて、今回こんな山奥まで僕をいざなってくれたのがこの方。

株式会社フォレストの林社長です。

DSC01652

「KagoshimaniaXと一緒に楽しいことしたいよ!」とメールを頂いたことがきっかけで、飲みにご一緒させていただいたりするようになったのですが、実は広島大学の遠い先輩にあたります。

広大出身で鹿児島に今住んでる方、最近集まったりしてるんでご一報ください。

東千田のときでも、西条のときでも大丈夫です。

で、ここで何をしているかと言うと・・・

DSC01651

露天風呂作ってます。

そう、林社長に「今うちで露天風呂作ってるから手伝いにきてよー!」と言われ、市比野までお伺いした次第です。

すでにもう、めっちゃできてるー!

DSC01655

湯船が完成していました。

広大、変なやつたくさんいたからなぁ・・・

露天風呂作るとか・・・まぁいてもおかしくないわ・・・

でも、まだ手伝いが・・・?

と思っていると、見せてくれたのがこちら。

この木材を設置して湯船の枠や屋根にしようとしてるようです。

「マジかよ、ガチなやつやんけ」

DSC01653

仲間と手作りでコツコツやってきたそう。

まだ製材していない木があって、それの皮をむいてほしいとのことでした。

カマで木の皮をむく作業を教えてもらいました。

DSC01714

「きこりかな?」と思ったのですが、きこりは木を切るのが仕事ですよね。たぶん。

「お昼にうなぎをおごってくれる」ということで、「これはちょっとは真面目にやらねば」と作業に取り掛かりました。

DSC01717

最初はなかなか難しかったのですが、数十分ほど作業するとなれてきました。

適当なところで、「この辺にしようか」と作業を終えました。

これからこの温泉に木の枠やら柱やらが設置されるそう。

完成したら入りにいきたい。

現状どうなっているかはブログで随時公開されているのでチェックしてみてください。

島津の殿様が愛したトロトロ美人の湯♨️市比野(いちひの)温泉 露天風呂プロジェクト

DSC01656

で、なんで林社長が露天風呂を作っているかと言うと、

林社長の会社株式会社フォレストでは「薩摩の奇跡」という温泉水を販売しています。

そう、この露天風呂は温泉なのです。

DSC01648

露天風呂にほど近い場所、というかこの工場の裏にあります。

DSC01676

昔は養鰻場をしていたということで、いけすが残っていました。

露天風呂も昔はいけすだったそうです。

「ここも全部温泉にして女の子と入りたい」

というわけのわからないことも思い浮かんだのですが、心の中だけにとどめてあります。

DSC01649

ゲンゴロウがいました。

きれいな水が好きな生き物です。

僕は田舎産まれ田舎育ちのくせに虫が触れないので、「おお、スゴいっすね」と言いながら写真を撮るだけにとどまりました。

本当は手のひらにのせて「こんな感じです」みたいな風にしたほうがいいのはわかっています。

DSC01686

「くっそ・・・僕も虫が触れればもっと楽しい田舎ライフを送れるのに・・・」とくやみながら今度は工場の中に入っていきます。

工場の入口にデカいタンクやら謎の機材がいろいろありました。

これは、京都とかのいい着物屋さんだか反物屋さんが布を洗うのに薩摩の軌跡が具合がいいということで使うマシンだそう。

飲んだり入ったりするだけでなく、洗うという機能もあるのですね。

めっちゃ金かかりそうですが、それだけ高貴な布やら着物やらに使うのでしょう。

DSC01650

工場のなかではスタッフのお姉さんたちが温泉水に同封するチラシ的なものを作っていました。

DSC01666

工場では、安心安全に飲める水にするための滅菌などの加工から箱詰めまでやってます。

これが水源。

DSC01679

水源からこちらのタンクに水を貯めます。

DSC01682

そこから、活性炭などを通して菌を除去。

美味しくて安心に飲める水になっていきます。

DSC01661

そして、ここから水が入ったパックが出てきて箱詰めされます。

DSC01667

水が通過するレーンにはベアリングの高そうなやつがたくさんありました。

僕はミニ四(駆)レーサーでしたので、これがめっちゃ高いことは見ればわかります。

これでレーンの動きを90度変えることができます。

DSC01668

レーンを通過した温泉水のボックス。

ここから全国に発送されてゆくのです。

DSC01660

この日は、薩摩の奇跡がスポンサーになっているという鹿児島ユナイテッドFCに送るという水を作っていました。

ユナイテッドのみなさんも、鹿児島のおいしい水を飲んでJ2も頑張ってほしいものです。

DSC01673

黒い小さめのボックスもあります。

通常よく見る温泉水の箱は20や10リットルですが、こちらは5リットル。

DSC01675

【ふるさと納税】 薩摩の奇蹟 5L 4箱 小型ボックス【送料無料】税込 天然 温泉水 シリカ シリカ水 国産 アルカリ温泉水 軟水 硬度0.6 超軟水 贈り物に ギフトに ミネラルウオーター 薩摩の奇跡 さつまのきせきミネラルウォーター
by カエレバ

ちなみに、今なら楽天市場で薩摩川内市の商品がお得に買える500円引きクーポンがもらえるキャンペーンをやってるそう(2019年1月31日までか限定数に達したら終了)なので、この機会に飲んでみてもいいかもです。限定数、僕が見た1月3日の時点でもう残り300だったのでお早めにどうぞ。

対象ショップで使える!500円OFFクーポン

この温泉がこれからどんな感じになっていくのか、とても楽しみですね。

KagoshimaniaXでも随時お知らせしていこうとおもいます!

DSC01655

そいじゃあまた!

取材協力:薩摩の奇跡(株式会社フォレスト)
天然シリカ温泉水「薩摩の奇蹟」

おすすめトピック

■□KagoshimaniaXオススメ!鹿児島のお取り寄せグルメ□■

人気記事

-Home, ニュース, 北薩, 地域, 場所・風景, 温泉, 観光・見る・遊ぶ, 話題・ニュース
-

Translate »

Copyright© KagoshimaniaX , 2019 All Rights Reserved.