鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

Home

【期待の新星】薩摩川内市出身19歳漫画家が週刊少年ジャンプデビュー!

投稿日:

イチ、ニー、サツマー!

 

ちゃんねこです。

鹿児島県本土はいよいよ梅雨入りしましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

雨の日はどうも気分がうじうじしがちですが、そんな日はふらっと本屋さんへ行ってみるのもいいですよ。

新しい発見があるかもしれません。

 

ということで、発見してきました。

ななな・・・なんと!!薩摩川内市から、19歳の期待の新人、

眞藤 雅興(しんどう まさおき)さんが、

今までに数々の名作を輩出してきた、

週刊少年ジャンプでデビューしているではありませんか!!

顔のマークが目印の、全国チェーンの某書店さんではこんなPOPが。

私の弟と同い年の男子がジャンプデビューしてる、だと・・・!?

これは買わないわけにはいかない!と、

本当に10何年ぶりかにジャンプを購入しました。

¥270なり。

眞藤さんの作品は『COUNT OVER』という作品です。

堂々のセンターカラー読み切り。

 

【眞藤 雅興さん プロフィール】

生年月日:1998年8月3日(19歳)

出身地:鹿児島県薩摩川内市 川内北中学校出身

趣味:ドラマ鑑賞、サントラ収集

好きな漫画:『上野さんは不器用』

受賞歴

2016年『Twin Peach』で、トレジャー佳作

2017年『徐冷師 煉太郎の約束』で、ゴールドフューチャー杯受賞

だそうです。

自己紹介、センターカラーの絵から、エネルギーがひしひしと伝わってきます。

他サイトで知ったのですが、眞藤さんは、17歳の頃に、

「漫画家になろう!」と思い立って高校を中退して上京したそうです。

ちなみに私はやりたいことがあっても決断から逃げてきた

ウルトラスーパー人生不器用人間なので、

やりたいことをやるんだという、その決意と情熱に脱帽です。

 

で、感想ですが、19歳、まだまだストーリーに荒々しさを感じつつも、

画力でどんどん引き込まれる内容でした!

アンケートはがきも②COUNT OVER でしっかり記入。

目次を見ると、私が知ってる頃(10年くらい前)の作品がほとんど載ってなくて、

さみしさと時代の変革を感じましたが、

眞藤雅興さんのこれからの活躍を応援していきたいですね!!(`・ω・´)

週刊少年ジャンプ 2018年25号

2018年05月21日発売

 

読み逃した方は週刊少年ジャンプ公式のバックナンバーでどうぞ。

週刊少年ジャンプ 2018年25号

2018年05月21日発売

http://jumpbookstore.com/ext/wj.html

 

ほいじゃね~!!(`・ω・´)ノ

おすすめトピック

■□KagoshimaniaXオススメ!鹿児島のお取り寄せグルメ□■

人気記事

-Home

Copyright© KagoshimaniaX , 2018 All Rights Reserved.