鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

ひと まち まちづくり 未分類

2016年4月2日、鹿児島移住ドラフト会議にあたってぺーちゃんこと安藤淳平さんがかごしま未来170人会議で喋ってたこと

投稿日:

どうも僕です○┓

最近●●移住計画って流行ってるんすよ。

福岡移住計画 | 福岡移住、福岡コミュニティ情報を発信する、移住応援サイト

みたいな。

宮崎でも似たような取り組みがあり、賑わってます。

鹿児島でも少しづつ動きが出てきたので、

2016年4月2日に開催される

「鹿児島移住ドラフト会議」

をご紹介したいと思います。

仕掛け人のひとり、ぺーちゃんこと

安藤淳平さん

面識はあるけど、まだそこまで話してないですが、仲良くしたいのであえてぺーちゃんと。

DSC 0393

ぺーちゃんも1月に行われた「かごしま未来170人会議」で喋ってたのでその内容を簡単に説明しますよ。

DSC 0385

・福島生まれ、Yターンで鹿児島に

福島生まれで、東海地方を中心にYターン(嫁ターン、彼女や奥さんの故郷・ゆかりのある地域に移住する)で鹿児島に。

生粋のよそもの。東京で「おやっとさぁ(お疲れ様を意味する鹿児島の方言)」を流行らせようと思ったけど、

なかなか覚えてもらえないどころかすべる。

最初は鹿児島に行きたくないと思っていたが、きてみたらめっちゃ面白かった。

・人さらいやってます

DSC 0395

鹿児島でまちづくりに携わっている中で

「いつか鹿児島に帰りたい、いつか地元に帰りたい」人たちの「いつか」をお手伝いするため、

鹿児島移住計画

をスタート。

まじめな人さらい、ナンパ師として活動をスタート。

 

 

・移住と観光の間をデザイン

田舎に移住するのは覚悟が必要だと思われがちだが、

移り住むだけでなく、地域に通うという移住もアリではないか。

0か100ではなく、その余白をデザインしたい。

そのために、地域での居場所や暮らし方をサポートする。

 

・「鹿児島移住ドラフト会議」

野球のドラフト会議のように「移住希望者」と「移住受け入れ希望者」をマッチング。

移住したい人は意外と多いが、  移住先で一緒に歩んでいける人がいるか悩んでる。

それを地域側でサポートする仕組みづくり。

どんな人がその地域に興味を持ってるかマーケティングし、人を呼び込む。

いろんな移住がある、10人いれば10パターンの移住があっていいんじゃないか。

地域づくりには「人・もの・金・情報」が必要だが、

もの、金、情報は人が作り出したもの。

人だけが未来を作ることができる。

一緒に鹿児島の未来を考えたい

そんな、鹿児島移住計画のイベント、

「鹿児島移住ドラフト会議」

鹿児島移住ドラフト会議

注目ですねー!

そいじゃあまた!

おすすめトピック

■□KagoshimaniaXオススメ!鹿児島のお取り寄せグルメ□■

人気記事

-ひと, まち, まちづくり, 未分類

Copyright© KagoshimaniaX , 2018 All Rights Reserved.