【舞台は九州へ】Kagoshimaniaxは西日本新聞メディアラボが運営するキュレーションサイト「piQ」のコンテンツパートナーになりました。

どうも、僕です○┓

かれこれ3年くらい細々と書いたり書かなかったりゆるくやってるKagoshimaniaxなのですが、

おかげさまで賞とかもらったり、たまにはバズったりみたいなのもあるんです。

かごしまホームページ大賞で入選した話

1日1万PV行った記事

次なる野望・・・

・全国に記事を発信してみたい

的な欲望がブロガーなら誰しもあるはず。

まぁインターネットで発信していれば世界中から見れるのですけど。

全国に発信するきっかけというか、方法というのに

「キュレーションサイトに参加する」

という方法がございます。

有名どころでは、ヤフーニュースとかライブドアニュース

最近ではsmartnewsとかantennaとか。

このあたりに記事掲載されると

アクセス数がアホみたいに伸びます。

まさに人気ブロガーの登竜門。

でも、僕的には・・・

「大手に記事出したら地方の情報を吸い上げられてしまうだけ、地方からプッシュアップするキュレーションサイトが絶対必要」

と思っていたのです。

・とりあえず九州かなって

地方からプッシュアップするためには、できるものなら鹿児島発の・・・

と思うのですが、やっぱある程度スケールアップしてアクセスのあるキュレーションサイトを作る必要があるなと。

とりあえず九州くらいの情報発信サイトまとめでも・・・

僕が作ろうかとおもったのですが、そんなことしたらKagoshimaniaxの記事が書けなくなっちゃう。

「っていうか、もうあるんじゃね?」

と思って探してみたらありました。

[ピック]知らなかった九州に出会うメディア by西日本新聞メディアラボ

スクリーンショット 2016 02 12 0 44 27

こちらがコンテンツパートナー(記事配信元)を募集していたので、ダメ元でお願いしたら・・・

割りとすんなりOKいただきました。

たくさん記事書いていて良かった。

・piQってなんだし?

1d7cad9cfb

piQとは、西日本新聞グループの西日本新聞メディアラボが提供する、九州情報のキュレーションメディアです。
西日本新聞グループが発行する様々なメディアに加えて、九州で発行されているフリーペーパーやWEBメディアを広くキュレーションし、「九州の今」を全国のユーザーにお届けすると同時に、九州のメディア様を広く全国に紹介することを目指しています。

piQより

ですって。

西日本新聞・・・

最近Webの展開にすごく力をいれられているそうな・・・

メールでやりとりさせていただいたのですが、西日本新聞メディアラボさんには鹿児島の方もいらっしゃるそうで。

いつかお会いできないかな。超楽しみ。

・九州の有名どころも参加してる。

コンテンツパートナーに入っているサイトを見てみると、

「#HUKUOKA」さんとか、「Y氏は暇人」さんとか、「アナバナ」さんとか、

超有名どころじゃないですか・・・・

そんなビッグネームのサイトに並んで記事出せるとか・・・

ありがたい限りです。

中の人とお友達になりたいなぁ。

ということで、Kagoshimaniaxに取り上げられると、九州に向けて発信ができるようになる・・・

はずです。

これからも頑張りますのでよろしくお願いします。

投稿者プロフィール

nak@zone a.k.a僕氏@管理人
nak@zone a.k.a僕氏@管理人
カゴシマニアックスの管理人。指宿生まれ霧島育ち。
鹿児島を盛り上げるのは俺しかいないと思っている痛い子。
2000年くらいからインターネットの世界に住んでます。
得意分野:カレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

    関連記事

    1. 【鹿児島ランチパスポート第3弾】おこのみやきスキルが試される!お好み大学かりんでミックス焼きを焼いて…

    2. かごしま face ♯10 中尾 成昭さん@Mstyleまからず屋 代表取締役社長

    3. Kagoshimaniaxで2016年4月の鹿児島を振り返ってみないかい?

    4. 鹿児島に坂爪圭吾さんが来たんで話聞いてきたよ。

    5. サマーナイトも中止になったことだし最近の桜島の動きをまとめた

    6. 僕氏のかごしま国民文化祭2015

    7. 【遠方からの熊本地震支援】鹿児島在住、熊本県菊池市出身の友達が帰りたいけど帰れないから考えた避難所グ…

    8. そろそろ10月8日そばの日なもんで、そば茶屋吹上庵への愛を語るよ。

    9. 鹿児島大学では学生の熱い、熱い、熱い要望に応えてついに「単位」が販売されていた。

    最近の記事

    人気記事

    PAGE TOP
    Translate »