鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

Home ひと まち まちづくり イベント

(今更ですが)鹿児島未来170人会議―第3部・ワークショップ(ゆのらぼの場合)―

更新日:

どうも、ハルです。

鹿児島未来170人会議の記事ですが、今回が最終回です。そして、メインの回です。メインですよ、メ・イ・ン。

既に1ヶ月前の出来事なので、記事の鮮度はかなり落ちてます。

しかし、記事の熱量はそのままです!

オープニング第1部第2部の記事をまだ読んでいない方は、まずそちらから読んで頂けるとより楽しめる記事になると思います。

 

第2部のプレゼンを聴いて、僕たち参加者は興味のあるブースへ移動しました。第3部はそのブースで行われるワークショップに参加して、プレゼンをした挑戦者と一緒に課題を考えていくというものです。

僕が参加したワークショップは、湯之元非公式研究所ゆのらぼの赤塚隼人さん(以後、イーグルさんと呼ばせて頂きます)のワークショップです!

File165

イーグルさんについての紹介は、先日投稿したかごしまfaceをご覧下さい(^-^)/

イーグルさんのワークショップは、床に座って話すというフランクな形式で行われました。時間は前半・後半40分ずつ。途中ブースを移動しても良いという形式で進めていきました。

12573815_949900635098326_2426236050704835017_n

このワークショップで扱った内容は以下の3つです。

①あなたと湯之元がコラボする事で想像を超えた付加価値を作りたい!! 例:温泉×ヨガ 温泉×電車 温泉×○○ 商店街×○○など

②あなたのできること×湯之元の温泉=これまで想像もしてなかったサービスが生まれる場を作りましょう!

③外の人から見る湯之元のイメージは?また魅力可能性は?

File155

ワークショップでは、写真のように思い付いたアイデアをどんどん付箋に書いて貼っていくという方式が取られました。

前半の40分は全体像を掴むための説明に時間が割かれてしまったので、あまり前には進まなかった印象でした。

後半に入る前に他のブースへの移動などの休憩時間が設けられたのですが、ワークショップ参加者は誰一人移動しませんでした!

それだけ参加者全員が湯之元を考える熱い想いを持っていたという事でしょう(≧∇≦)

後半からの参加者を加えて行われたワークショップ後半戦。3つのグループに分かれて意見を出し合いました。

File157

ワークショップが終了後は、会場にいる参加者全員に向けて成果を報告しました。

ワークショップで出たアイデアの一例です。

・サーファー+湯之元

近くに海があることからサーファーが訪れる湯之元。そこで、サーファーに年間パスポートや回数券を配布・駐車場の詳しいマップの作成という案が提示されました。

・温泉グルメ+湯之元

名物グルメが無いなどグルメという点に弱みを抱えている湯之元。そこで、お弁当を作ることや土日限定で空き店舗を活用して食堂を開設してはどうかという意見が出されました。

 

あまり長い時間では無かったワークショップですが、素晴らしいアイデアがいくつも生まれ、湯之元がより良い街になっていく可能性を感じました。

File163

 

湯之元を好きになるための企画「ユノモトレイン」は3月20日に開催です。

鹿児島中央駅からJRで25分で到着する湯之元。是非行かれてみてはいかがでしょう。

 

ということで、4回に分けて投稿した「鹿児島未来170人会議」の記事は今回が最後です。

まだまだ伝えきれなかった部分は多々ありますが、この日から鹿児島の未来がより良い方向へ向かっていくことでしょう!

鹿児島、ものすごく熱い。

 

 

The following two tabs change content below.
ハル
KagoshimaniaX(自称)大隅担当。 志布志を発信するブログ「志布志通信424」と大隅地方の面白い情報を発信するブログ「大隅維新ジャーナル」の管理人。 文学とロック、映画が好きな20代。

おすすめトピック

おすすめトピック

-Home, ひと, まち, まちづくり, イベント
-,

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.