鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

Home グルメ 海の幸

最近話題の贅沢な「うに醤」の焼きおにぎりが夕食で出てきた話し。

更新日:

chan.です。

小さい頃から父に「お腹がすいた」と言うと父が笑って「なーんにもなーーい」と言うのが恒例です。そして、「おにぎりでも握ってあげようか」なーんて、やさしい母。姉がまだ実家にいた頃は母と姉と三人で台所に並んで、形のちぐはぐなおにぎりをつくったものです。一番ちびな私は手についた米粒をつまみ食いしたり、中に入れる具をつまみ食いしたりと、昔から食いしん坊でした。あはは。

おにぎりって。美味しいですよね。

 

今夜の晩ご飯は「焼きおにぎり」でした。正確には、、、

「うに醤」焼きおにぎりです。

IMG_5962

 

ワカメが混ぜ込まれたおにぎりに尾塚水産のうに醤を塗り、パリッフワッと焼き上げたものです。

 

驚くほど、たまらん。もっとかけたい。。。。

 

うに醤(ひしお)とは・・・

IMG_5961

平成26年「調味料選手権2014」(日本野菜ソムリエ協会主催)で最優秀賞受賞!
うにと芋焼酎を食塩で漬け込み、じっくりと熟成させて香りをだし、旨味たっぷりのボラ醤と合わせて作り上げた、豊かな香りと深いうまみがひろがる新しい液体調味料です。濃厚で奥行きのあるうにの旨味に、きっと驚いていただけるはずです。

(尾塚水産ホームページより)

side_bnr

鹿児島県阿久根市の海で採れる『花姫うに』を使用しているそう。

南国・鹿児島の美しい海でとれる『ムラサキウニ』。北海道などでとれる「キタムラサキウニ」とは違う種類です。阿久根のムラサキウニは「豊穣の海」の地磯で実る海藻を食べて育ちます。小ぶりな大きさで、旨味と甘味が凝縮された深い上品な味わいを持つことから『鹿児島の花姫うに』と名づけました。ウニ取り名人の海女をはじめ、女性中心に営むウニ屋「尾塚水産」では、新鮮な『花姫うに』を使って、素材の味を生かした珍味を手作りしています。『花姫うに』シリーズの珍味をアツアツごはんのお供に、また、おいしいお酒の肴としてぜひ、ご賞味ください。

(尾塚水産ホームページより)

やさしい、磯の香りを堪能できるお醤油でした。

尾塚水産うに醤 864円

 

是非、ご賞味あれ。。。うふっ。

 

うに醤とその他のラインナップに関する情報は以下からアクセスできます。

尾塚水産ホームページはこちら

※インターネットでご注文できます。

 

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-Home, グルメ, 海の幸

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.