鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

ブログ

最近考えたことなど。

投稿日:

どうも、僕です○┐

最近考えたことなどを書きます。

ピエロの記事がバズった

ピエロの記事バズっちゃって、コツコツごはんブログ書いてるのってアホらしい(アクセス稼ぐ意味で)のでは・・・

と思ったり思わなかったりですが。

ああ、あの記事Kagoshimaniax的には史上初の「バズ」った記事になりました。

書いてから3日間くらいは検索ワードもピエロだらけで。

注目すべき点が「東京など県外からのアクセスが多かった」こと。

Kagoshimaniaxのアクセスの多くは県内からです。

インバウンド的視点でいえば「県外に出ちゃったけど鹿児島のことがなんとなく気になる」「鹿児島に行くんだけど何か情報ほしいんだけど」みたいな方にも読んでほしいのですが、おそらく今回は大手ネットニュースサイトが取り上げて地味に盛り上がったことが原因かと思われます。

よって「コンテンツを消費されきった」ために一時的なアクセス数の増大につながったんだと思います。

そして、無視してはいけないのが「本当に怖くて気になってる地元民」です。

ガセだったんじゃないか説がでてきたりしてますが、本当のところどうだったのかは知りたいところですし、

地域の防犯的な意味でも必要な情報だと思われます。どうだったんだろう。

 

コンテンツは1日で消化される

ホリエモン氏が何かで言ってた「コンテンツは1日で消化される」という言葉。

速報性的な面で言えば本当にその通り。あれだけアクセスの伸びたピエロ記事も2,3日過ぎるにつれガクッと落ちました。

「谷山にピエロがでるぞwwwやべえwwww闇深過ぎぃwwww」という一過性の煽りだと「コンテンツ」として消化されてしまいます。

じっくりその後を追いかけていくことで、また違った「コンテンツ」になるのではないかと思います。

まぁ事件なんでコンテンツというくくりではどうなのかなと思いますけども。

 

コンテンツとは

そういった経緯もあって「コンテンツ」という言葉の定義付け、使用法の検証が僕の中でブームです。

イベント、たべもの、ネット記事、画像、動画、すべてコンテンツと言えばコンテンツ。

Kagoshimaniaxはおもしろいコンテンツ作りで鹿児島を盛り上げようとうたっていますが、

取り上げるもの自体をコンテンツと定義されるならば、我々が書いている記事は何なんだろう。と悩むところです。

元ネタ、いわゆるコンテンツだけをコンテンツと定めるとすると・・・

 

メディアというコンテンツ物流システム

おいしいものを食べたい人がいるとします。なぜ「おいしいもの」の情報を知ることになったのか。

口コミ、雑誌やテレビなどのメディア、インターネット・・・

いろいろあると思いますが、「おいしいもの」を手にするまでに知る→買う→手に入れる(食べる)というフローを踏んで

「これうめえwwwww」となるわけです。最近では「これうめえwwww」を簡単に世界に知らせる仕組みができたために、

結構簡単にその情報が広がっていきます。

これまで莫大なお金と時間をかけて道路とかトラックとかで物を運ぶ「物流」のシステムが構築されてきました。

そして、それを知らせる「広告」というシステムもできてきました。

さらに最近では人から人へ伝わる「口コミ」なんかも昔以上に注目されています。

僕がここでやってることはもしかしたら「知る」を生み出すために、コンテンツを発信する物流システムなのかもしれません。

 

・・・ここまで考えたので、またそのうち掘り下げていこうと思います。

The following two tabs change content below.
nak@zone a.k.a僕氏@管理人
カゴシマニアックスの管理人。指宿生まれ霧島育ち。 鹿児島を盛り上げるのは俺しかいないと思っている痛い子。 2000年くらいからインターネットの世界に住んでます。 最近はテレビやラジオにレギュラー出演、雑誌の連載なんかもして調子にのってます。

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-ブログ

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.