鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

まちづくり

鹿児島では食べ物にうるさい工務店が信用できる説 vol.1ー㈱大城・リノベっがの場合ー

投稿日:

スポンサードリンク

どうも、僕です◯┓

 

僕の知り合いの、というか大変お世話になっているお肉屋さん・・・

ではなく、鹿児島市にある建設会社㈱大城の大城社長です。

LRG DSC01347

何をしているかというと、肉を切っています

タイガー・ジェット・シンよろしく凶悪な風貌をしているこのナイフは「セクシーな塩振り」で世界的にバズりまくった

ヌスレット・ギョクチェさん使用モデルなんだとか。

そういうところにね、芸が細かい社長さんなのです。

 

ブログもおもろいのでぜひご覧ください。

リノベっが社長ブログ

 

そして、この肉がまた美味いのです。

LRG DSC01349

見るからにジューシーなアレです。

LRG DSC01361

ひあっ・・・

LRG DSC01341

ことあるごとにイベントなどに呼び出され、「どこどこの何がウマい」「鹿児島の食べ物はこうあるべき」など

色々なお話しをさせていただいており、大城さんの会社は総合建設業ということで道路作ったりする土木や、建物作ったり改修したりする建築のお仕事をされているわけですが、

鹿児島でも珍しい「曳家(ひきや)」というお仕事もしております。

曳家をざっくりいうと、家を持ち上げて引っ張って移動させるという工事です。

今の県民交流センターの隣の建物(県政記念館)、かつての鹿児島県庁の建物を動かしたというスゴい実績をお持ちです。

当時のお話しをお伺いすることもあるのですが「これはマジでスゴいな、歴史に名前を刻んどるな」と思います。

 

↓鹿児島のど真ん中でこんなスゴい工事をしてたのかと思うはずなのでぜひご覧くださいませ↓

㈱大城・旧鹿児島県庁舎本館玄関部分(現県政資料館)曳家工事の様子

 

建物を動かすということは、今まであった建物とは意味合いが変わってきたりもします。

住んでる人、使っている人の使い勝手も変わります、周りから見た景観も変わります。

もしかしたら街の人通りも変えちゃうかも知れません。

建物の価値が変化する。

これが今はやりの「リノベーション」の考え方の一つです。

「リノベーション」って非常に奥の深いアレです。

リフォームを今っぽく言う感じで使う方もいらっしゃいますし、

大きく用途を変えないとリノベーションとは言えないとおっしゃる方もいますし、

大掛かりな改修をしなくても、用途や考え方を変えるだけでも「リノベーション」と呼ぶと考えている方もいますし、

街全体に効果が波及する「リノベーション」を仕掛けようとしている方もいます。

おそらくこれから先、リノベーションが上記のどれか一つに定義されていくことはないでしょう。

「新しい価値を与える」という広い定義があり、考え方は工務店さん、不動産屋さん、建築士さんごとに色々な考え方があり、

その考え方と自分の考え方が合うところにリノベーションをお願いする時代になるのだなと感じています。

 

今回ご紹介している㈱大城さんも「リノベっが」というリノベーション事業部をお持ちです。

暮らしを探す旅に出る!Half-DIY Project!(リノベっが施工事例)

地域の人との繋がりや、子供たちと町との繋がり、様々な町と人との繋がりを色んな角度から伝え、
自らも「繋がりの場」を提供しているオーナーのMさん。
そんなMさんご家族が、欲しい暮らしを手に入れる為に実家をDIYする事を決意!
豊かな暮らし、丁寧な暮らし、町に暮らすってどんな感覚なんだろう。
生まれ育った町で、自分たちが想う「新しい家族の暮らし」を探す旅に出る。
もちろん出来る事は自分たちで!
できない所はプロに任せるHalf-DIYで家づくりが始まりました!

家族の時間を重ねる家(リノベっが施工事例)

日々の暮らしの中で、家族みんなで過ごす時間はどれくらいあるのだろう。
家の中での何気ない出来事が、ひとつひとつ積み重なって家族の思い出に変わっていく。
オーナーのFさん家族が祖父母から受け継いだ築40年の木造住宅は、とても手の込んだ造りの外観と、
二間続きの広い和室に縁側といった昔ながらの風情豊かな間取りでした。
今回は、昔の面影を残しつつ今のライフスタイルに合わせてリノベーション。
広い縁側から続くリビングは外と繋がる開放的な空間へ、縁側は家族で日本の四季や文化を楽しみ、
外を眺めながら読書をしたり、子供たちは宿題をしたり。
広いお庭には家庭菜園を。畑で収穫した野菜で、子供たちとお料理を楽しんだり、ウッドデッキでバーベキューをしてみたり。
おじいちゃんとおばあちゃんから受け継いだ、思い出の詰まったこの家だからこそできる日々の暮らし。
この場所で新しい家族の時間をひとつひとつ積み重ねていく。
Fさん家族の住み継ぐ暮らしが始まりました。

 

正直リノベーションって何なわけ?

と思うことが多いと思いますが、

実際にリノベーションをしている会社やクリエイターさんに聞いてみるのがベストです。

「ははーん、なるほどね、じゃあこの人に頼んでみようかしら」

となってお家やお店のリノベーションをお願いする時代っぽいです。

 

見学会をしたり、HPなどから問い合わせたら丁寧に教えてくれるはずです。

興味のある方はぜひ問い合わせてみてください。

社長さんは風貌もイカツい感じですが、女性の建築さんもいらっしゃいますので、

ぜひお話し聞きに行ってみてください。

 

そして、施工が終わった暁には・・・

うまい肉が食えるはずです。

 

そいじゃあまた!

【㈱大城(鹿児島市)】

http://ugokasemondo.com/

【㈱大城リノベーション事業部「リノベっが」】

http://renovegga.ugokasemondo.com/

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-まちづくり
-

Copyright© KagoshimaniaX , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.