鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

お店 グルメ

肉の日だし、すき家で食べられるチーズタッカルビ丼(偽)の錬成レシピを公開するよ。

投稿日:

スポンサードリンク

どうもハヂメです┏○┓(ズサーッ

ご存知の方も多いと思いますが
僕は昔っからの「すき家」クラスタです。
(※クラスタ=ファンみたいな感じです)

先日の記事でもあった
「ごまドレ」アレンジは、もう定番も定番。
Twitterでもアツく語らせて頂いております。

もう、この簡単アレンジは
【KagoshimaniaX公式飯】くらいには、
間違いないし、コスパも高くて
マジで激ウマなんです。

今日は肉の日ですから。
せっかくですし、皆さんに
僕の渾身のアレンジレシピを紹介しようと思います。

①まず、すき家に行きます。

何よりもまず、すき家に行きます。
吉◯家とか、なか◯ではなく、「すき家」に行くのです。

「すき家」はチェーン店ゆえに中休みがありません。

ピークタイム(12:00~13:00)を外して、
更に15:00手前でも来店を断れられることは
まず、基本的にありません。

ゆえに心穏やかに楽しめる神聖な食の大聖堂です。

自分のベストパフォーマンスが出来る席を探して、
おもむろに着席します。

その時に注意して頂きたいのが、サイド枠の貯蔵量です。
しっかりと、自分が使いたい調味料などが補充されているか?
見極めて着席するように心がけましょう。

 

着席と、ほぼ同時にお冷(麦茶)が配膳されます。
ドライブスルーなどで忙しい場合は、気付いてもらえない可能性もあります。
その時は、躊躇なく呼び鈴を鳴らしましょう。

基本的にメニュー表を開かずに、
コップが目の前にきたタイミングで
注文を済ませることが出来れば、
超スマートですし、デキる男です。

②「別皿で」がキモです。

今回、ご紹介するのは
ハヂメ流:チーズタッカルビ丼(偽)です。

僕の場合、注文は「三種チーズ牛・特盛りネギ抜き」と唱えます。
※ネギ抜きの場合、スタッフの技術によりツユがダクダクになり水っぽくなってしまう可能性があります。店舗間で熟練度には差がありますので、不安な場合は「ツユ切り」もお願いすることをオススメします。

そして今回のキモとなるのが、この豊富なサイドメニューです。
この豊富すぎるサイドメニューを使いこなすことで、
納豆&とろろかけ牛丼や、ごまドレ明太マヨチーズ牛丼など
オリジナルアレンジが簡単に楽しめます。

コチュジャンだれ(20円)と、おんたま(70円)を追加で注文します。
そして、この時必ず言ってほしいのが「別皿で」というワードです。

もう一度言います。

「別皿で」がキモです。

これを言うか言わないかでは天地ほどの差が生まれてしまいます。

 

③ここからは時間との勝負です。

さて、待つこと数分で牛丼が運ばれてきます。
このとおり、タバスコがデフォルトでついてくるのが「三種のチーズ牛丼」です。
洋風イメージでいつの時代からか、パセリも載るようになってます。

もちろん、タバスコかけても美味しいのですが・・・

 

 

今回はあくまでも「チーズタッカルビ丼(偽)」を作ります。

タバスコは使いません。

使うのは、このコチュジャンだれとおんたま(温泉卵)です。

 

ここからは時間との勝負です。

チーズが溶けるよりも先に!!
牛丼が冷えるよりも先に!!

究極のアレンジソースを作ります。

おんたまを割ります。

そして、おんたまをコチュジャンにIN。

 

ガーッと光の速さでかき混ぜます。

そしたらもうあとは・・・!!

かけるだけ!!

 

混ぜるだけ!!

 

 

そしたら後は・・・

 

食べるだけ!!

 

 

食べるだけ!!!

 

これだけです。誰にでも出来ます。

まず、コチュジャンだれとチーズで演出される辛味とコク。
そして、温泉卵のまろやかさとシズル感。

最高ですよね!!!

僕はこれを「チーズタッカルビ丼(偽)と呼んでいます。
(もちろん、本物はまだ食べたことがありません)

辛さが足りないなぁ!って方はこのように。
ドババッバッババ!!と一味をかけてもいいですし、
「おんたま」を抜いてもいいです。
個人的には辛いのが好きなのでコチュジャン✕2皿くらいでいつも食べてます。

けっこう、美味しそうでしょ!!
是非、お試し頂きたいところです!!

そして、自分流の究極アレンジを探してみるのも楽しいですよ!!

ちなみに2月の「すきやRadio」はアニソン特集なのも個人的に激アツです。

というわけで!今日のところはこのへんで!

ハヂメでした┏○┓(ズサーッ


 

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-お店, グルメ

Copyright© KagoshimaniaX , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.