鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

ひと イベント

僕氏とながやんにハメられて第4回かごしま未来170人会議に登壇してきた結果・・・!!

投稿日:

スポンサードリンク

 

170人会議をダイジェストで振り返る(活動紹介プレゼンテーション(※1分))

お昼休みを挟んで、午後の部。
午後からはプレゼンテーター(20名)によるプレゼンテーションとワークショップが開催されました。

例年と比べ、大きく異なるところは、プレゼンテーションの持ち時間は一人あたり僅か1分になったということ。

正直なところ登壇者としてぶっちゃけると、これは「○ぬほどしんどいやつ」でした。
1分で自分の活動紹介や、熱意や個性や、課題点や魅力を伝えないといけないのです。
もう、戦々恐々でしたし、きっと参加者側の人も「集中力」を求められたことだと思います。

そんな中・・・切り詰めて純度を高めまくった「個性」がどうなったかというと

2020年に映画の全国公開を目指す、南大隅町の地域おこし協力隊で映画監督の
山下 大裕(やまだい)さんはカラーコーンを改造した特大メガホン(自作)で
「未来の巨匠 ここに在り!!」
と会場に向かって宣誓して会場を沸かせていたり・・・

錦江湾の海水から「塩」を作っている黒江 学さんは
一瞬で会場の空気を「演劇の舞台」のように変え、そのまま怒涛のプレゼンを披露していたり・・・

もう何から何まで凄いことになっていました。

ちなみにお二人はNHKのニュース映像にもなっています。

そんな中、僕はどうなったのかと言うと・・・

\ どうもハヂメです /

 

\KagoshimaniaXは・・・バズるんです!!/

もう、ふざけてんじゃねえぞ!!!って思われたでしょうし、
「チャラいのが出てきた」と後のワークショップでは言われました。
(※目線風サングラスはアマゾンで購入したものです。)

ちなみにこの登壇直前、僕氏@管理人からは

「爪痕を残してこい、あと青たく(ラジオ番組レギュラー)あるから行けないわ~そこんとこよろしく」

みたいなメッセが来てました。相変わらずスパルタです。

ともあれ、強烈なインパクトを残せたんじゃないかなと思っています。

もちろん、僕のプレゼンは見た目のインパクト一直線の「クソ」のようなやつでしたが、他の皆さんのプレゼンが素晴らしかったことだけは、念のために保証させていただきます。

海外派遣を真剣に考える学生団体の現役大学生や、そのOBで鹿児島ブランドを世界発信しようと目論む商社マンの方や、とにかく「人」が好きで酒が入るとブーストするお姉さまや、みんなにハピネスをお届けしたい「戦略的自由人」のパイセンや・・・もう語り尽くせないほどに素晴らしかったです。

(それぞれのプレゼンはRadikoでRadio Burnをタイムフリー機能を使えばご視聴頂けます)

 

170人会議をダイジェストで振り返る(ワークショップ(全3回))

この「濃厚」すぎる1分間のプレゼンの後は、各プレゼンターによるワークショップが全部で3回行われました。つまり20個のワークショップが会場内で催されるカタチになるのですが、参加出来るのは3つのみ。参加者の皆さんは思い思いに自分の興味があるワークショップを厳選して参加する訳ですから熱量も凄いことになっています。

どこのブースもまぁ、凄い盛り上がってました。
写真を撮る余裕が一切なかったので、NHKニュースのキャプチャを置いておきます。

超白

僕のブースは「みんなで作ろうバズの素」というワークショップだったのですが


有り難いことに地味にバズってました。

今回はTwitterでウケそうな面白いハッシュタグを作る!ということで僕のノウハウ(バズの素)をお伝えしました。

どうにもメソッドというよりは感性の部分が大きい内容としてお伝えしたので、うまく表現しきれない部分もありました。

今回は「170人会議」のハッシュタグを作る!!と枠を狭めた関係で参加者の方が求めてきていることと、こちらの準備した「課題シート」のマッチが上手くいっていなかったりしていたと思います。

それでも「楽しかった!」という言葉や「面白かった!」と言って頂けたのは有り難い限りです。

そしてワークショップやってる時に周りが見れないほどに僕も集中しまくっていたので、もう少し心に「遊び」を持って望めるようにしたいと思いました。

#鹿児島未来170人会議 でTwitterで自分の感想とか写真とか発信して「なんか鹿児島でこれ流行ってるけど何なのけ?」と新しい層の取り込みチャンスを作ったり、実際に参加した人との繋がるきっかけを作っていければもっと「かごしま未来170人会議」はバズると思います! とかそういうことをお伝えしました。

こんな感じで、「発信は継続していかないといけないですし、「素材」も発信しないままでは埋没してしまいますからね!!!」と強く訴えてました。

(さすがにワークショップ中は目隠しメガネは外しました)

僕個人としてはこれをきっかけに、自分をネットで売り出していくステップのきっかけだったり、面白い人と簡単に繋がれる時代だ!ということが伝われば嬉しいです。

僕氏とながやんにハメられて第4回かごしま未来170人会議に登壇してきた結果・・・!!

大まかな1日の流れと雰囲気はこんな感じでしたが、ここからはタイトルに返って感想を述べたいと思います。

\ 参加して良かった。 /

ただただシンプルにそう思えました。
理由は本当に色々とあるんですが、4回目ということで簡潔に4つ挙げていきます。

・「何か変わるんじゃないか!?」とさえ思えてくるようなワクワク感。
参加したからこそ思えるんですけど、鹿児島の人口0.01%というミクロな170人でも集まることで「何か変わるんじゃないか!?」とさえ思えてくるようなワクワク感を感じられるんです。
会う方々同士が「170人会議」から始まったご縁で「顔見知り」になっているというエピソードもちらほら聞きましたし、それがとっても温かい空気を出しているイベントなんです。
もちろん、だからと言って「入り込みづらい」空気感は実際に参加してみると殆ど「ない」です。
「意識の高そうな人の集まり」という偏見すらありましたが、どちらかと言うと「熱意のある変人」の集まり。
もうこれが本当に面白いんです。本当に「価値感」が激変すると思います。

 

・人の手で作られていく温かいイベントであること。

これも、凄く肌で感じられたことで、グラフィックレコードやワークショップのシートを始めとした色々なものが基本的に「手作り」でそれが埋まっていくんですね。それがとっても温かい。
そして、きっと170人会議で得られる満足の大前提には、スタッフが緻密に作りあげてきた「場」というのがあって、何より、このイベントの本質である「協働」を実践していて、毎年「対話」をもとに「挑戦」してきているんでしょうね。
なので、本当に参加者としてではなくスタッフとして関わっていくのもオススメしたいです。
一緒に進めていくプロジェクトが成功した時の「達成感」たるや・・・!!
今回、僕はちょっとその「片鱗」に触れてしまって少し涙ぐんでしまいました。

 

・「仲間」が生まれ、「自分」と向き合える時間であること。

この170人会議というイベントでは、本当に色んな人との繋がりが生まれます。
そして、それが色んな原動力になっています。
もちろん、ただ170人でワイワイやるという陳腐なイベントではなく、その中で『自分』と向き合う時間というのも随所にあって、「学び」の場としての側面が凄く大きいです。
そして「熱意」のある「面白い」人たちの集まりですから、とても刺激的なんですよ。
「明日から本気出す」と毎日言い続けてきた人生の僕ですが、「お昼くらいから本気出す」と朝方に言えるようにならないとなぁと意識改革させられました。

・「あれ? 〇〇さんですよね?」が生まれる鹿児島の狭さ

約17,000人の鹿児島は「狭い」です。
石を投げれば、知り合いの知り合いに当たるし、TVに出れば「あんた出ちょったね?」と近所の人に話しかけられるような、「狭さ」と「近さ」がありますよね。
170人に凝縮すると、これが顕著で凄く面白かったです。まさか、同じ登壇者に自分の高校時代の先輩がいて、参加者の中に中高時代の恩師がいて、総合プロデューサーが昔短期のバイトで重なっていた方だったり、グラレコ班のリーダーが僕の同級生の友達の「せきこ」氏だったり、以前、記事にもご協力を頂いた「スーパー公務員」の方がスタッフとして参戦されていたりして・・・もう、とことん「狭い」です。
逆にだからこそ、こうやって「未来」を考えたり「協働」を意識する「場」では、凄くアットホームな印象を感じられるんでしょうね。絶対に「共通の話題」がありますし「居場所」みたいなのがあります。
ボッチになってしまうようなことは基本ないので、面白そうに感じたら参加してみることをオススメします。

ざっくり書くとこんな感じなのですが、もう・・・感無量過ぎて!!
本当にいくらでも語れそうなレベルです。
これを読んで「何、急に意識高いこと言い出したの?」と心配されるかも知れませんが!!!

\ご安心下さい、いつもどおりだと思います。/

本当は「ハメられたわwwwww!クッソが!!!!」くらいに悪態ついてやろうと思ったのですが想像以上に満足してしまって、「おうふ!ぐうの音も出ないでござるwwwwwww」です。

というわけで、来年も開催される際には皆さんも是非、参加してみて欲しいところです!
今年お世話になった僕も何らかでコミットしていきたいなぁと思ってます。

そして最後に!!
こんな機会を下さって、見事にハメてくれた僕氏&ながやん氏!
ファシリテーターのR氏を始めとしたスタッフの皆さん、参加者の皆さん!
本当にありがとうございました!!!
もう感謝する先が多いので、足の向け場がありません。

というわけで!!(めちゃくちゃ長くなりましたが!!)

今日のところはこのへんで!!

ハヂメでした┏○┓(ズサーッ



【かごしま未来170人会議】

主催:鹿児島天文館総合研究所
詳細:かごしま未来170人会議(Ten-Lab)

<関連リンク>
□ 1/20 鹿児島未来170人会議2018!! (Radio Burn)
□ 1/13 開催直前! 鹿児島未来170人会議! (Radio Burn)
□ これまでのKagoshimaniaXが見てきた170人会議(記事一覧)
□ 鹿児島 NEWS WEB「かごしま未来170人会議」(NHK)

 

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-ひと, イベント
-

Copyright© KagoshimaniaX , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.