鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

グルメ

【中国料理華々】奄美黒糖焼酎と中華料理を愛でた夜【まぶらってぃ】

更新日:

スポンサードリンク

どうも、僕です○┐

 

今年は定期的に「黒糖焼酎を愛でる会(勝手に命名)」にお呼ばれしてます。

地鶏料理と黒糖焼酎で新たな鹿児島愛に目覚めたハナシ。

今回も黒糖焼酎をアツく愛でていこうと思います。

IMG 0514

今回愛でた黒糖焼酎はこの二本。

奄美酒類さんの奄美黒糖焼酎「奄美」「まぶらってぃ」です。

「奄美」については奄美でも定番の一本、黒糖焼酎独特の甘い香りとコクがあり口当たりはすっきりしているやつなのですが今回は左側の「まぶらってぃ」を激しく愛でていきたいと思います。

 

ご先祖様が見てる!「まぶらってぃ」な空間

「MABURATTI・まぶらってぃ」は一見、イタ(リア)車の名前のようにも見えますが、

実は徳之島の方言が由来。

「ご先祖様・神々に守られている」という意味があります。

ネットで調べてみると、良いことがあった時に言うそうです。

 

僕がキレイなお姉さんに「いつもマブでいらっしゃいますネ」のマブとは違いそうですが、マブいの語源「眩しい(のはず)」とある意味同じじゃないかと思うところです。

神様ご先祖様の威光、きれいなお姉さんの輝き。

お酒にはどちらも相性がいいですね。

 

きれいなお姉さんとまぶらってぃが揃えば極上の「マブ」な空間になることは間違いないっすね。

ちなみにこの会では(

 

まぁいいでしょう。

 

20度でゴイゴイ飲める

一般的な焼酎はアルコール度数25度〜くらいの設定が多いのですが、まぶらってぃは20度です。

「ええ?薄いじゃん?」

そう思った方はまだ飲みが足らないですね。

 

通常焼酎は水やらお湯割りやらで割って薄めて飲むのですが、まぶらってぃはむしろそのままがちょうどいい。

ロックでゴイゴイ行けてしまうので結果的に酔いが進むのが早まるといえます。

くっそ暑いときにバッキバキに割った氷に注ぎ込んで飲む!

最高でしかないですね。

 

創業50周年、奄美の世界遺産登録に向けた限定焼酎

この焼酎は奄美酒類さんの創業50周年に作った焼酎。

IMG 0516

ラベルは奄美にゆかりのあるデザイナーさんが作ったもので、サトウキビをイメージしたもの。

そしてよく見ると「M」の字になってますね。

そして、この焼酎の売上の一部は奄美の世界遺産登録に向け、徳之島の自然保全や観光推進のために徳之島観光連盟に寄付されるそう。

とてもいい感じのボトルで、徳之島限定。

インスタに上げると「わかってるね」などとコメントが付きます。

 

徳之島限定ですが、徳之島町のふるさと納税返礼品になっておるので是非飲んでみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】MABURATTI(まぶらってぃ)6本セット
価格:15000円(税込、送料無料) (2017/11/28時点)

 

次のページでは黒糖焼酎に合う中華料理の数々をご紹介していきます。

次のページへ >

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-グルメ
-

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.