鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

お店 エンタメ グルメ

【羊かんコーデの】十五夜だからイケダパンのラビットパンを食べた。【白あんパン】

更新日:

どうも、ハヂメです。

今宵!! 2017年10月4日は!!!

【十五夜-中秋の名月-】

 

そもそも十五夜って秋に限らずあるからね、あくまでも(ry みたいなウンチクはここでは語りませんよ。とりあえず、一応言うと、「秋は月が綺麗に見える」→「十五夜(満月あたり)にお月見しましょね~」くらいな感じなんだそうで。平安時代くらいから続いてる文化なんですってね!収穫や五穀豊穣的な意味合いもあるんだとか(参考:wikipedia

 

ああああああ!真面目か!!! いつも通りの前置きはこのへんにして。本日ご紹介するのがコチラです。

 

【ラビットパン】

 

 

見ておくれよ、このタイムスリップしたかのようなパッケージ。復刻版なんだけど【新発売】というダブルミーニングがじわじわくるところです。あとウサギの無機質な笑顔が良い。アンニュイ感がある。

 

 

え? ちょっとまって。

もしや、ラビットパンをご存知ない方もいるんですかね・・・。

それもそのはず、ラビットパンが発売されたのは昭和32年・・・つまり1957年。今から60年も前のことなんです。ちょうどその頃、鹿児島市には【鴨池空港】が出来たんだそうで。ああ!そうよ!!【せごどん空港】でもなければ溝辺の空港でもないのよ、今で言う【ニシムタ スカイマーケット】のあたりに空港?管制塔?があったんだって!!

 

 

 

さて、このパン。古いだけではなくて中々ぶっ飛んでまして。その正体は【羊羹でコーティングされた白あんパン】なのです。開封してみますと、こんな感じ。すっごくテカテカしてます。見た目も相まって「和」のエクレア感があります。

 

 

切るとこんな感じになります

 

ね?白あん入ってるでしょ?

蜂楽饅頭といい金生饅頭といい、鹿児島県民には白あんの方が美味しく感じるようなDNAがあるんでしょうか。

 

 

スカスカやんけ!とさっきのを見て思った方もいるかもですが、食べ初めるとアンコがぎっしり。そして外側の羊かんがウマい。2パターンの甘さのアプローチがここまで素敵なマリアージュを生み出すとは・・・さすがイケダパンさん神か。食感がそれぞれ微妙に違うというのも美味しさの一つでしょう。食べたことない方、昔食べていた方にもぜひ、食べてもらいたいところですね。

 

【ラビットパンあるある】

さて、この「ラビットパン」。

実は少年のようなハートを持った人たちが

好んでやる【作法】があります。

それは・・・

【羊かんのドレスを脱がす】ということ。

 

(キャー!! ハヂメサンノ エッチー!!)

 

 

正直に言って!!!
これをやることによるメリットはない!!!

ポッキーのチョコ部分を舐め倒してプレッツェルで二度美味しい! とか きのこの山のチョコ部分をしゃぶりまくって、いかに「棒」を上手く残せるか!? とか そういう次元の「作法」。

 

半分に切ればラビットパンは ①羊羹 ②白あんパン ③ラビットパン(半分) と3度楽しめますよ!!!

とかね!! やりがち言いがち。 これ、絶対にリアタイ世代でも居たはず。

 

ってなわけで!

今日のところはこのへんで!!!

ちなみにこのラビットパンはコンビニ(ファミマ)で見つけたよ! みんなも見かけたら食べてみてほしい!! 懐かしい味か斬新な味かは世代で別れそうだけれども・・・20代~30代世代は両親や上司に聞いてみると話のネタになるかもしれない!!

 

「ラビットパンの皮、めくってました?めくってた友達いましたか?」と。

 

 

ではでは!! ハヂメがお送りしました~!!


【関連リンク】

イケダパン(公式HP)

ラビットパンも載っているぞぉおお!

The following two tabs change content below.
ハヂメ氏

ハヂメ氏

ハヂメです。┏○┓(ズサァー!! ずっと鹿児島市民なのに、いちき串木野市に頻繁に出没する野菜が食べられない草食系のゆとり。僕氏のソウルと共鳴したブラザー(舎弟)。 Twitterでよく暴れているので絡んでやってください。

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-お店, エンタメ, グルメ
-, ,

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.