鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

お店 まち グルメ

川内名物「ちんこだんご」の激ウマ店の看板が「しんこだんご」になったのは、ち◯こが好きなアイツらの仕業だった件

投稿日:

どうもハヂメです。

薩摩川内市といえば・・・

カッパ!!!

 

大綱!!!

 

そして・・・

 

ちんこだんご!!!

 

ちんこだんご!!!

 

ちんこだんご!!!

 

 

ごめんなさい。最後は勢いの余り、「んご」が見切れてしまいました。いわゆる若い風に言うと「ちんこだ」ンゴwwwとなっておりますこと深くお詫び申し上げます。深い意図は御座いませんので悪しからずご了承下さい。

 

で、このちんこだんごの由来は諸説御座いまして、

「ちんけ(小さい)だんご」→「ちんこだんご」という説や、「しんこだんご」が訛って「ちんこだんご」になったというような説があるようです。

 

で、この「ちんこだんご」。

めちゃくちゃ美味い&手作りのお店があるということで行ってまいりました。

 

それがコチラの

「しんこだんごの鬼塚」さん。

場所的には旧国道3号線(隈之城)から、隈之城小学校方面に進むと着きます。

 

ここはなんと、市内でも数少ない「昔ながら」の手づくりで「ちんこだんご」を作るお店。

 

・・・ということで来たのですが。

「ちんこだんご」じゃなくて、
「しんこだんご」と書いてる。

 

何故だ・・・。

 

ともかく中へ。

醤油とお米の香りが漂って素敵な空間。

手作りということで、おばちゃんがメチャクチャ手際よく串に団子を刺しています。

この団子は「うるち米」が100%で混じりっけナシのお団子らしい。どうにも機械で作ると、何か別な粉を混ぜないと上手くいかないらしい。米粉100%ゆえに手作りなのだそうだ。

だんご4兄弟・・・いや刺さる前のこの様子は「だんご大家族」とでも言いましょうか。

だんご大家族。

(↑クラナドは人生というワードが脳内に浮かんだ方は仲良くしましょう)

1本60円という破格。安すぎる。

で、やっぱり気になる。
おばちゃん相手とはいえ、僕も紳士。

不用意に「ちんこ」というワードは使いたくないので。

「なんで「ち」じゃないんですか?」

とメチャクチャに気を使って聞いたところ・・・。

 

ああ、昔はこのお店も「ちんこだんご」として売ってたしね、看板も「ちんこだんご」だったのよ。でも、小学校が近くにあるでしょ?登下校中の子どもが「ちんこだ!」って指を指すことが多かったのよ。それで、「しんこだんご」にしたの。別に学校側から指導があったとかじゃないのよ。

と、作業の手を止めることなく答えて頂きました。(しかも気を使った意味もなく「ちんこ」の連呼というね)

つまり・・・「ちんこだんご」が「しんこだんご」になったのは「ちんこ」とかそういう低俗ワードで爆笑してしまうキッズのせいだったということ!!!おそらく、コロコロコミックが愛読書なのでしょう。こういった話を、嫌な顔一つせず、むしろ微笑ましそうに語るハートフル感にちょぴり感動しました。素敵!!
きっと、当時から「ちんこだンゴwww」みたいなテンションで指差ししていた当の悪ガキどもにも美味しい団子を提供してきたのでしょう・・・。なんだろう凄いホスピタリティ精神だなぁ・・・。

 

とりあえず10本包んで頂きました。

パッケージも「しんこだんご」ってなってますね。

ほんのり甘さを感じるシンプルな醤油味。

団子も柔らかくモチモチとして美味しい。

何より「お米」って感じの独特の風味が確りとあって、それがまた本当に美味しい。優しい味。さっきの話も相まってか、とても心暖まるな味わい。注文してから焼き上げてくれるのでアツアツのまま食べれるのも嬉しいところ。

団子がそれぞれ不揃いな感じもまた手作り感。美味い。素晴らしい・・・。

 

薩摩川内市のイベントにもよく出店していて、電話をすれば近隣エリアなら配達もしてくれるらしい。

イベントの時に見かけたらマストバイ!
近くを通ったらマストゴーだ!

是非、みんなにも食べてもらいたい!!

めっちゃ美味いゾ!!

ではでは今日のところはこのへんで!!

コロコロコミックも好きだけど
実はボンボン派。

ハヂメでした┏○┓(ズサーッ


【昔ながらの手作り しんこだんごの鬼塚】
住所:薩摩川内市宮崎町3691-4
TELL:0996-20-0057
地図:google map

 

 

The following two tabs change content below.
ハヂメ氏

ハヂメ氏

ハヂメです。┏○┓(ズサァー!! ずっと鹿児島市民なのに、いちき串木野市に頻繁に出没する野菜が食べられない草食系のゆとり。僕氏のソウルと共鳴したブラザー(舎弟)。 Twitterでよく暴れているので絡んでやってください。

おすすめトピック

おすすめトピック

人気記事

-お店, まち, グルメ
-

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.