鹿児島をアツくユルく紹介するWebメディア

KagoshimaniaX

スポンサードリンク

エンタメ

佐賀県×グラップラー刃牙コラボサイトのラップには薩摩もアンサーしなきゃだよね

投稿日:

どうも、僕です○┐

ロマンシングサガとコラボするなどみんなをあっと言わせるプロモーションを実施しているsaga県、もとい佐賀県がまたしてもスゴいのを出してきました。

スクリーンショット 2017 07 27 15 44 54

人気漫画「グラップラー刃牙」とのコラボ!

しかもキャラクターがマニアックすぎる・・・!

片平恒夫巡査(34)、1巻で「控室にバキを呼びに来た人」、マウスの舌(タング)など・・・

名前を聞いただけではわからないマニアックなキャラが佐賀の魅力を存分に紹介しているのだ。

たった一度の旅行で蚊トンボを獅子に変える

佐賀県とはそういう処だ

かっこいい・・・

そして、超有名ラッパーが佐賀の歴史を歌った楽曲も紹介している。

KEN THE 390やK DUB SHINEなど超ビッグネームが名を連ねたカッコイイラップだ・・・!

この曲の歌詞に同じ九州、幕末に日本の近代化をともに担った薩摩、鹿児島への強い強いメッセージを感じさせる歌詞があるのである。

薩摩の島津 佐賀の鍋島

未来担う 日本のためになる

近代化の手本として 信頼あるライバル

同士で手を 握っては 切磋琢磨

幕府も佐賀に大砲 発注し高まる

富国強兵 デッドヒート 見渡す光景 一歩リード

日本は佐賀を見ていた 佐賀は世界を見ていた

明確なビジョンで俯瞰する

低下する国力 いかん 内より外 むしろ見事

おい薩長土の後ろになど つかん

がばい 誇り高か 男たち

鯱の門から見渡す世界

薩摩をライバルと認め、負けるものかの強い意志を歌っている。

これは鹿児島もアンサーを出すべきではないだろうか!

空港の愛称なんか考えてる場合じゃない!

もっと世間をにぎわせるプロモーションをしかけなければ・・・

がばい誇り高か男たち、佐賀県民に出し抜かれてしまうと思わないか・・・!

幕末にわれわれの先人たちが日本の近代化をになったように!

 

鹿児島も黙ってられるのか!と問いたい!小一時間問い詰めたい!

 

鹿児島でも明治維新150周年で色々やっているので、もっと日本をあっと言わせることやんなきゃだよね!

強くなりたければ喰らえ!

 

そいじゃあまた!

 

参照元:グラップラー刃牙×佐賀県コラボサイト(http://sagabaki.jp/

The following two tabs change content below.
nak@zone a.k.a僕氏@管理人
カゴシマニアックスの管理人。指宿生まれ霧島育ち。 鹿児島を盛り上げるのは俺しかいないと思っている痛い子。 2000年くらいからインターネットの世界に住んでます。 最近はテレビやラジオにレギュラー出演、雑誌の連載なんかもして調子にのってます。

おすすめトピック

おすすめトピック

-エンタメ

Copyright© KagoshimaniaX , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.